住宅ローンの選び方について




新築住宅を購入する場合の住宅ローンの選び方ですが、最も重要なポイントは金利です。金利によって総支払額にも大きく影響します。金利のタイプとしては、全期間固定型をはじめ変動型、固定期間選択型といった種類があります。将来的に金利の上昇リスクを抑えたい場合には、全期間固定型を選択すると良いです。住宅ローンの借入から当初5年や10年収といった期間を低い金利で固定出来るタイプとなっています。住宅ローンの借入開始後は、他にも費用の負担がある為、当初の金利が低くなる固定期間選択型を選ぶと良いです。そして、金利の変動リスクはあるものの最も低い金利にて借りる事が出来るのが変動金利です。金利上昇が無ければ利息の支払いも少なくなります。金利が上がらない事を予測している方にとっては、メリットのある金利タイプとなっています。金利の他には、団体信用保険の保証内容等も住宅ローンを選ぶポイントとなります。借入後の繰り上げ返済の手数料が無料である事も重要なポイントです。。
住宅ローン借り換えに適した方

前の記事

AX